Ring

価値があると考える傾向【手作りの婚約指輪が大人気】

プロポーズの言葉と共に

リング

じっくり考えた上で

二人が出会いお付き合いの中で愛が育まれやがて結婚を意識するようになります。プロポーズするときに男性から女性に婚約指輪が贈られます。結婚の意志を形に表す大切なものです。婚約指輪を贈る風習は2000年以上前にヨーロッパで始まったとされています。日本にはずいぶん後の江戸〜明治頃に伝わり一般に定着したのは1960年代です。そのころは婚約指輪といえば「給料の3カ月分」というキャッチコピーが流行ったものです。しかし現在では相場として20万〜50万円くらいのものが贈られています。その後に用意する結婚指輪や結婚式、新生活のことを考えた上で予算を決めることも大切です。一生に一度の大きな決心を託す指輪はしっかりと考えて選びたいものです。

世界に一つの指輪なら

婚約指輪を渡すタイミングとしてはプロポーズするときに彼女に渡す人、プロポーズ後に一緒に選びに行く人などさまざまです。サプライズで渡すとなると彼女の左手の薬指のサイズを知っておきたいところです。普段のファッションアイテムとして付けている指輪があれば「この指輪は何号くらいなの」など自然に聞いておくのがよいでしょう。婚約指輪はリング部分がプラチナかゴールドで石は「愛の象徴」とされるダイヤモンドが主流です。デザインは一粒のダイヤを立て爪に留めたソリティアやメインのダイヤのサイドに小さなダイヤをあしらったメレ、アーム部分に細かいダイヤを敷き詰めたパヴェが人気です。最近ではすべて自分の好みで作るオーダーメイドが人気です。世界に一つだけの大切な愛の証となります。